2017年12月13日水曜日

霜寒の候、年賀状の準備など・・・


トラちゃん情報















紅葉も終わりのこの頃
トラちゃん、書院前の岩で物思わしげにしていました。
何か寂しそうな感じも。
(紅葉も終わりか~、もうすぐ苦手な冬だな~)

















見ていると、ゴロン・・
すぐに起き上がって玄関前の定位置へ。
撮影した女性スタッフには物凄く心を許しているようです。
毎日、沢山の人と接しているトラちゃんですが、
やっぱり甘えたいんでしょうね。
ニャ~ン。




紅葉の終わりの景色をチョット
















落葉に覆われた景色をご覧下さい。
久良岐能舞台の広い敷地一面に赤く黄色く積もります。
私達職員は、毎日この落葉を掃き掃除しますが、
次の瞬間には、もう新たに落葉が。
お客様からは“折角綺麗なんだからしばらくそのままで”
と注文も受けますが。
















お茶室前の階段。
やっぱり綺麗ですよねぇ。

すみません、やっぱり掃除します。

2017年12月6日水曜日

この冬は寒いらしい


トラちゃん情報













紅葉を愛でる傍ら、パトロールに励むトラちゃん。
今年の紅葉はここ数年では一番かもしれません。
紅葉鑑賞にご来館の方も少し多いようです。















中の池にかかるオオモミジが真っ赤です。














落葉のモミジにも風情があります。
今週が紅葉のピークでしょうか。
ご来館の折には是非、トラちゃんにもお声をおかけ下さい。






















今月17日には「能 乱」の事前ワークショップが開催されます。
乱はミダレと読みます。能の猩々乱(しょうじょうみだれ)ですが、
今回(来年1月14日)の久良岐能舞台能楽公演で上演される
能の流儀、金春流では単に「乱」と読んでいます。

能は初めてご覧になる方には分かりにくいと言われます。
久良岐能舞台では能の自主事業公演に当たっては、前月に上演する
能について学ぶ事前ワークショップを開催しています。
講師は能楽研究者で、武蔵野大学文学部能楽資料センター長を
勤められる三浦裕子先生と、乱のシテ(主役)を勤められる
山井綱雄師です。
事前ワークショップで学び、能をご覧になると面白さが何倍にもなります。
皆様どうぞご参加下さい。