2016年8月30日火曜日

今週のトラちゃん情報


台風の被害を心配しましたが、横浜はどうやら大丈夫なようです。
久良岐能舞台の周りには、上・中・下の3つの池がありますが、
このところの雨で水位が少し上がり、多分、池の鯉達は喜んでいると思います。

 

久良岐能舞台では、9月、10月と主催事業が目白押しです。
93()には、久良岐能舞台所蔵の能装束公開展示と新鋭能面作家 新井達也師の
展示、講演があります。開演は午後2時です。参加料は2,000円です。

 

925日(日)には、舞・囃子コンサートと題して、能の音楽、能楽囃子の演奏や
謡の体験、仕舞や舞囃子の鑑賞などが、丁寧な解説付きで楽しめます。
このコンサートは、今年の横浜音祭り参加事業です。これも開演は午後2時です。
参加料は3,500円です。

 

1015日(土)には、久良岐能楽講座喜多流・金春流・囃子受講生研鑚会です。
久良岐能舞台で能楽を学ぶ受講生の皆さんによる研鑚会(発表会)で、謡、仕舞、
囃子演奏、舞囃子など、多彩な内容の発表があります。開始は午後1時(予定)、
参加料は無料です。

 

1016()には、久良岐能舞台日本舞踊基礎教室の受講生・終了生による発表会
が開催されます。日本舞踊のお稽古を始めてから1年~5年以上の方まで、熱心な
お稽古の成果が発表されます。講師陣の実演も見ものです。開始は午後2時(予定)
です。参加料は無料です。

 

1022()には、第10回久良岐まつりが2日間にわたって開催されます。
庭園では仮設舞台で地域の子供たちやサークル活動の皆さんの発表が続きます。
また、庭園にはたくさんの屋台ができ、美味しい食べ物が満載です。
能舞台では1022()の午後1時から第1部 童謡とダンスのコンサート、
午後230分から第2部 童謡と日本歌曲コンサートが開催されます。
1部は無料ですが、第2部は参加料 2,000円です。

 

1023()には、狂言の会が開催されます。笑いの芸術として600年の歴史を持つ
日本の無形文化遺産である狂言を鑑賞し、ワークショップで楽しむ会です。
開始は午後2時、参加料は1,500円です。

 

文化の秋が間もなく訪れます。
久良岐能舞台の様々な催し物に是非お出かけ下さい。

 

最後にトラちゃんの近況を・・・

 

変わらず元気です。
良く寝ます。
広い能舞台の敷地内が縄張りです。毎日のように散歩(パトロール?)しています。


 
〈お客様と談笑するトラちゃん 28.8.23
















ご来館の折には是非、トラちゃんとの会話をお楽しみ下さい。 



2016年8月12日金曜日

久良岐の新しいスタッフ?のご紹介


久良岐能舞台の「トラちゃん」をご紹介します。

 

久良岐の支配人です。
永らくご無沙汰をしてしまいました。
ご無沙汰のご挨拶方々、久良岐の新しいスタッフ?をご紹介させて頂きます。

 

茶トラ猫(オス)のトラちゃんです。
今年の3月、敷地内の片隅にやせ細って動けなくなっている若い猫がいました。
カラスどもに囲まれて危険な状態でした。

 

このままでは危ない!ので、急きょ保護し、ごはんをあげつつ様子を見ることに。
1週間くらいで回復に向かい、1月ほどで大分肉がついてきれいになりました。
下の写真はその頃です。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


能舞台の玄関前付近でご来館の皆様をお迎えやお見送りしていることが多いので、
姿が見えない時などは「トラちゃんは?」と良く聞かれるほど、存在感があります。

 

保護から約5ヶ月。
先日、地元の動物病院で3種混合のワクチン接種と健康状態を見て頂きました。
受診に先立って名前が必要になりました。
正式に命名しました。「久良岐虎の助」です。
正確な年齢は不明ですが、多分、1歳半くらいと思っています。

 

動物病院の先生がおっしゃるには、「とても健康。お利口で家猫のようだ」そうです。

 

このところの猛暑で、毛皮を年中まとっている猫としては、いささか暑気あたり気味ですが、ごはんもカリカリだけではなく、スープ仕立てのお魚などと混ぜてやると良く食べています。

 

下の写真は先週撮影したものです。
体重4.85Kg。



 

 

 

 


4ヶ月前とは比べものにならないくらい、堂々としています。

 

久良岐にご来館の折には是非、ひと声かけて下さい。

〈トラちゃん・・・〉と。

2016年6月20日月曜日

池の浚渫、広場の盛土ご苦労様でした!(ハプニングも有り!)










皆様 ご無沙汰しております。久良岐の山男です。昨年10月に「久良岐まつり」の報告を書いて以来です。数日前に元「猫娘」さん(昨年退職されました)から電話あった際「ブログ」の更新が長くされてないことを指摘されました。そのせいでもないですが、本日は夜勤で少し時間があるので久し振りに書いてみることといたします。能楽講座風景などが良いと思うのですが、写真等の準備不足で、先日2日間に亘り実施された庭園内の池の浚渫ほかについて簡単に報告させて頂きます。






水中ポンプの設置






能舞台の庭園には建物の周りに「上の池」、「中の池」、入口門の横に「下の池」と3つの池が配置されています。この池は敷地内の雨水排水の調整池の機能を持っており、大雨、台風等の際敷地内に溜まる水が一度に溢れ出ないように、それぞれの池に一旦水を貯めて、徐々に敷地外に排水する役割を果たすようになっています。(敷地内自然浸透、側溝から直接敷地外排水以外はこの池に貯まる)
この能舞台の敷地は約8,000坪の面積を有し高低差も数十メートルあることから(一面樹木が群生している)、土砂と落ち葉が毎日池に流入堆積し、時間の経過でヘドロ状態となり水深が浅くなることが日常常に起こっています。(その結果調整池の機能が果たせない状態でまた生物にも非常に悪い環境になっている) 「上の池」「下の池」は市南部公園緑地事務所が年1、2回浚渫して、かろうじて池の機能を保ってくれていますが、一番面積のある「中の池」(いびつな形ですが100㎡程度はある)はここ5年半の間浚渫が行われてなくて、水深も20cmあるかないかの状態で池の生物(鯉11匹、メダカ?匹、ザリガニ?匹)も青息吐息の状態で生命の営みを続けている状態となっていました。(堆積土の厚さは我々の日常計測で約50cm位であった。また夏になるとここ数年はアオコが一面に発生していました。)

堆積土のすくい作業


2トン車にて運搬


堆積土の厚さ






この「中の池」の浚渫が今回市の予算がつき6月9、10日の2日間(8日に準備で池の水抜きあり)で行われました。内容は池の水を水中ポンプで除去し、堆積土をスコップで掘り出して50mほど離れた(運搬距離)広場に運び盛土するというものです。(広場は既存の盛土が雨水等で広範囲に流れ出しており地盤が下がった状態になっている。樹木の根っこがむき出しになっている)

初日は作業員の方6名と車3台で池の水抜き完了後、ヘドロ状態の堆積土をスコップでバケツに入れ広場へと運んで捨てて敷き均し(盛土)する作業が終日続きました。作業監督がある場所で堆積土の厚さを計測すると約55cmでした。(機械等が搬入困難なため殆どが手作業での厳しい仕事です。途中でバケツを運搬するのを止め2トントラックに堆積土を直接積み込み、広場に直接捨てて、盛土して作業効率を上げていました。(それでも堆積土を池から掘り出し、盛土を敷き均すのは100%手作業です)
池の生物(鯉)


盛土、敷き均し










                



















その日は、干上がった「中の池」に僅かに地下水を循環させて、生き物(鯉11匹)が呼吸できるようにして終わったのですが、その夜から2日目の朝にかけハプニングが起こりました。翌朝来てみると、池に4匹の鯉の死骸が浮いており2匹が生きてあと5匹が見当たりません。カラスの仕業かと皆一瞬思ったのですが、死骸に噛み跡があり行方不明の数が多いのでおかしいと思いきや、干上がった池の底の土に小動物の足跡があったことから、アライグマのせいではという結論になりました。(職員の何名かはこれまでも夜アライグマさんと遭遇しています。)生き残った鯉2匹は網ですくい「下の池」に放流しました。(死んだ鯉9匹は10年近く生き体長30cm位になっていたと思われ可哀そうなことをしました。)
2日目も作業員7名と車3台で同様の作業が終日続きました。作業監督に聞くと平均45cm程度堆積土を掘ったとのこと。(計算すると45㎥位となります。水分を含んでいるので乾燥すると盛土した量はその50~60%位ではないかと思われます。2か月程度乾燥させると自然の土として馴染んでいくとのこと)
2日間の作業も無事終わり、水をたたえた環境の良い池に返りました。作業の方々、公園事務所の方々どうもありがとうございました!



浚渫完了風景(平均45cm?)



浚渫後注水した中の池


















盛土ほぼ完了












                                                              以上、「中の池」の浚渫と広場の盛土作業についての報告でした。能舞台の庭園では今月末頃まで紫陽花がもう少し見れると思いますので、皆様足をお運びください。 では本日はこれにて失礼いたします。
                                              
















2015年12月2日水曜日

久良岐の紅葉だより

皆さま、はじめまして!
6月22日より久良岐でお仕事に従事しております新人S子です。
どうぞ宜しくお願い致します。今日は初めてのブログとあって多少
ドキドキ気味ですが久良岐の紅葉状況をご案内させて頂きますね。





                               








今年は晩秋になっても紅葉が遅れていて自慢の紅葉や楓が青葉のままで
部分的にしか色づいてませんでした。
専門家の指摘では平年の11月に比べ3度気温が高く晴天日も少なかった為
各地で紅葉が遅れていたとの事です。
でもここ数日の寒さが効いてやっと紅葉が一気に進みましたね。
久良岐の庭園も今は紅や黄色、オレンジと鮮やかな色に染まり愛でる時期到来です!!!


*12月6日、午後2時より「狂言と能の魅力を知る会」

狂言  那須之語(なすのかたり) 善竹大二郎
独吟  高砂
舞囃子(装束付) 猩々        谷本健吾 
    解説とお話                       村   尚也  ほか

が演能されます。

是非ご来場お待ちしております。          

2015年11月3日火曜日

今年の久良岐まつり報告!

皆様 ご無沙汰しております。久良岐の山男です。昨年の今頃久良岐まつりの報告を書いて以来です。猫娘さんが数か月前にブログを更新してから、新規配信がなかったので、本日(11/1)夜勤で少し時間があるので、皆様に報告をしてみようと思い書いています。

今年はプレイベントが10月17日(土)と18日(日)、本イベントが24日(土)と25日(日)の4日間でいずれも晴天のもとに行われました。17日は,日本舞踊講座受講生の発表会で12名の講座受講生(OB含む)が講師7名と共に日頃の稽古の成果である12曲を華やかに披露されました。(また講師方々・テレビでもお馴染みの村尚也先生をはじめ全員が先の12曲以外にプロの模範演技を披露されました。)



























                                                            18日は能楽講座研鑚会として当舞台での受講生、OB、講師の方々のお弟子さん達も含め61名の人が謡、仕舞、囃子にて日頃の稽古の成果発表を行いました。(講師の方をはじめプロの能楽師、囃子方の先生方10名に応援して頂きました。) 特に四拍子(能楽に用いられる笛、小鼓、大鼓、太鼓の4種の楽器の総称)の演奏にて受講生が仕舞を舞う等、この数年間の講座の集大成とも思われる演目が続き、なかなか見応えのあるものとなっていました。そして山男もその中の一人として出演いたしました。(貼り付け写真の中にいるかもしれません?) *このような催しが無料で見れるなんて、最高ですよ!皆様来年は是非プレイベントにもお出掛け下さい。

 

 

また本イベントは、毎年恒例の野外舞台(岡村西部連合自治会の方設営・・プロ顔負けの出来栄え)にて2日間、近隣小学、中学校の合唱、ブラスバンド演奏を始め、岡村囃子、阿波踊りなど大人の方も普段鍛えた芸を披露しました。また模擬店も6店舗が出店し大勢の観客で賑わっていました。


野外舞台設営風景
             ブラスバンド演奏               
阿波おどり(吉野連)
能舞台では24日に横浜童謡協会の「童謡コンサート」(入場無料)が開催され98人の観客がソプラノ3名、テノール1名、伴奏2名の出演者の美声、名演奏に酔いしれていました。(曲は故郷、浜辺の歌、宵待ち草、荒城の月ほか) アンコールでの観客と一緒の合唱も良い雰囲気でした。
25日は「二胡と揚琴のコンサート」(有料)公演があり約100名の入場者が、中国の二胡と揚琴の醸し出す独特の音色に耳を傾けました。(シュウミンさん・・二胡奏者 李セイさん・・揚琴奏者の卓抜した技術が見事でした)

童謡コンサート


今年もはんにゃん登場
二胡と揚琴コンサート
以上今年の久良岐まつりの報告を簡単にさせて頂きました。
今年で9回目を迎えこの地域の秋のイベントとして、完全に定着した感があります。スタッフ一同
今後も地域の皆さんと協働して、もっともっと盛り上げていく所存です。

久良岐能舞台もこれから、秋たけなわに入り冬を迎えます。11月末から12月初めは紅葉が綺麗な見頃を迎えると思います。(磯子区の隠れた紅葉名所に登録されています。)             また12月6日(日)には「狂言と能の魅力を知る会」(有料)の公演もありますので、皆様是非久良岐に足をお運び下さい。スタッフ一同お待ちしております。

                                                         以上


2015年6月18日木曜日

verde, lumină și briză

(文字化けしてるかもしれませんが...)
今回のタイトルはルーマニア語の「緑、光、そして風」と言う意味です。


またまた猫です。

泣き出しそうな空の土曜日を越えて気持ちの良い光が久良岐の緑の中を駆けた6月7日(日)、「岩田英憲パンフルートコンサート」(演奏:岩田英憲-Pan Flute-、松本真昭-Syn-)を開催させて頂きました。
ご来場くださった皆様、お楽しみ頂けましたでしょうか?

久良岐の庭を駆ける初夏の風の歌を感じて頂きたくて開催したこの企画、皆様の心と身体にはどんな風の歌が聞えましたでしょうか?


皆さまから頂いたアンケートの中で目立ったのが
「初めて生のパンフルートに触れました。」
「パンフルートのファンになりました。」
と言うご意見。企画者としてはもう「よっしゃぁ!!」です。

「聴く」だけならCDだけで良いかもしれません。
でも、何故、人は舞台でLiveを求めるのか?そんな事に想いを馳せるた時、人は本能的に全身で音楽を感じる快感を求める生き物なのではないか?そんな風に思う時があります。
今回のこの公演が皆さまの本能を楽しませる事が出来たなら、やった甲斐がありました。
皆さま、本当に有難うございました。

最後に少しだけご挨拶をさせてください。
能舞台で「らしくない事をする」をモットーに約2年間久良岐で暴れさせて頂きました猫娘でございますが、今月をもちまして久良岐能舞台担当を卒業する事になりました。
在任中の数々の奇行、珍行を笑って許してくださった皆様、本当にありがとうございました。
と言っても、会社を辞めるわけではなく、会社の異動に伴うものなので、この先もこの世界のどこか端っこでごそごそする予定です。見かけましたら、遠慮なくお声掛け頂ければと思います。

風の歌、まだ聞えてますか?

猫娘でした~♪
皆さま、お元気で。
そして、これからも久良岐能舞台を宜しくお願い致します。

(久良岐の猫娘)

2015年5月15日金曜日

風の歌を聴きにいらっしゃいませんか?

毎日どころか今日は3連続投稿です。
と言う訳でまたまた猫娘です。

皆さんはパンフルートと言う楽器をご存知ですか?
丁度、木琴の下のパイプの部分を切り取って手で持てるくらいにコンパクトにしたルーマニアの民族楽器です。

パンフルート


その起源は古く、古代ギリシア時代迄遡り、その名の起源はギリシア神話に登場する牧神パンに由来します。(パンと彼が愛した妖精シュリンクスの物語についてはリンクをご参照ください。今は竹が使われる事が多いのですが、もともとのパンフルートは葦笛でした。)

久良岐能舞台では来月7日にそんなパンフルートのコンサートを開催致します。
演奏は日本で初めてにして唯一のパンフルート奏者の岩田英憲さん。伴奏はジャンルを超えて幅広く活躍されている松本真昭さん。

岩田英憲 氏

松本真昭 氏


そよ風が心地良い初夏の久良岐にピッタリな演奏を是非、お楽しみください。

☆★☆★
 
「岩田英憲パンフルートコンサート」
 
 
日時:2015年6月7日(日) 13:30開場 14:00開演
 
出演:岩田英憲(パンフルート) 松本真昭(ピアノ・シンセサイザー)
 
曲目:NHK木曜時代劇「風の峠~銀漢の賦~」より「テーマ」(小六禮次郎 曲)
    野の花は風とうたう(榊原栄 曲)
    ミュージカル「ミスサイゴン」より「わが心の夢」(シェーンベルク 曲)
    彼方の光(村松崇継 曲)
    NHK「新日本探訪」より「テーマ」(渡辺俊幸 曲)  他
※曲目は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承願います※
 
チケット:全席自由 3,000円(保護者同伴の中学生以下無料)
 
お申込み・お問合せ:久良岐能舞台 045-761-3854(10:00~17:00) 
※ホームページからなら24時間いつでもお好きな時にお申込み頂けます※
 
 
 
 
 
パンフルートの音、一足お先に聴いてみませんか?
NHK「新日本探訪」より「テーマ」  https://www.youtube.com/watch?v=xp7E8xE0J6E
 
(久良岐の猫娘)