2017年1月17日火曜日

寒さの中にも和む花々が

トラちゃん情報
















このところの寒さで久良岐能舞台の庭園にある池には氷が張って、
中々溶けません。
そんな寒さの中でもトラちゃんは元気いっぱいで、お客様に愛想を
振りまいています。



15日(日)には、能「花月」の公演が終わりました。
ほぼ満員のお客様は皆様ご満足を頂けたようで、私たち久良岐の
スタッフもほっと胸をなでおろしています。
ご出演の皆様、本当に有難うございました。

公演が終わって玄関から出て来られたお客様に、トラちゃんもご挨拶。
沢山の方々に可愛がって貰っていました。

















前回の記事で新しくなった垣根のご紹介をしましたが、もう一つ
掲載しませんでしたので、ここでご紹介。

中々ご覧になる機会も無いのではと思います。光悦寺袖垣と言います。
ちょっと豪華さを感じる面白い垣根です。
ご来館の節にはご覧ください。上側の水琴窟の横にあります。

















庭園では今、白い寒梅、上の写真の白侘助、赤侘助が咲いています。
こんなに寒いのに、健気な感じがします。


久良岐能舞台、次の自主事業は3月12日(日)午後2時開演の
第9回久良岐狂言会です。
野村万蔵家の総力を挙げた狂言が3番と狂言小舞がご鑑賞頂けます。
ご家族、お友達で是非ご来館下さい。

スタッフ一同、心から皆様のご来館をお待ちしています。

2017年1月13日金曜日

久良岐能舞台の垣根

トラちゃん通信











大寒を過ぎて、この頃ようやく冬らしい寒さがやってきました。
トラちゃんの住まいは完全防寒対策済ですが、玄関前に陽の光が
さす時間帯は玄関前に置かれた切株の上の籠に毛布を敷いて、
その中でくつろいでいます。
ここなら来館される方々ともコミュニケーションがとれますからね。



さて、久良岐能舞台では今、建物周辺の各種の垣根の更新工事が
進められています。
竹を材料にしたものが多いため傷みやすく、5年から10年程度で
新しくする必要があります。そのため、今年は3か所の垣根の更新が
行われているところです。
















上の写真は玄関前と事務室前の建仁寺垣です。
丁寧な工事で、とても美しい仕上がりになっています。


久良岐能舞台庭園の垣根は全て能に因んだ種類で整備されています。
普段目にすることも無いような形の垣根がありますから、どうぞ
久良岐にお出かけの折には注意深くご覧になってください。
全ての垣根には名称が記されていますから、良くわかります。


















上は、竹穂垣です。ちょっと見ただけでは簡単なように見える垣ですが、
実は裏側、中、表側と三重にもなっているもので、伝統的な建築に伴う
こうした垣根なども手が込んでいる造りになっています。



さて、今週日曜日、15日は久良岐能舞台の能楽公演です。
能 花月 と狂言、仕舞などが解説付きでご覧になれます。
今からでも遅くありません。是非お出かけください。

お詫び:久良岐能舞台のHPに掲載の 能 花月の詳細ページで、開催日が
平成28年1月15日となっていたことがお客様からのご指摘で判明
しました。慎んでお詫び申し上げます。




3月12日(日)には、第9回久良岐狂言会 野村万蔵家の狂言師たち
が開催されます。毎年定例の公演です。能の公演とはちがって、
面白く、分かりやすいのが特徴です。
こちらもどうぞ、ご家族やお友達など、ご一緒にどうぞ。
久良岐能舞台ホームページのニュースをクリックしてください。
詳細が分かります。







2017年1月4日水曜日

新年のご挨拶

トラちゃん通信














皆様 新年明けましておめでとうございます。
本年も昨年同様、宜しくお願い申し上げます。

今年のお正月、如何お過ごしでしたでしょうか。
久良岐能舞台は、12月29日から1月3日まで、年末年始の休館でした。
その間は、警備会社の方が毎日来館して下さり、門周辺の掃除をはじめ、
トラちゃんの食事の面倒も見て頂きました。

私たちもトラちゃんは元気でやっているだろうか、と かなり気をもみましたが、
本日朝、出勤したスタッフを出迎えたトラちゃんはいつもどおり、元気でした。
でも何か、「1週間もわたしのことをほっといて何だよっ!」とオカンムリの
気配が感じられなくもありません。(ごめんよ、トラちゃん)
女性スタッフがお年玉をあげていました。


















やっぱりお正月の久良岐は特別に清々しい感じがします。
神聖を象徴する老松の前ですから舞台にも注連飾り。
ご利用者の皆様の初稽古が終わる1月半ば頃まで、この感じです。


今朝、庭園内を見回りましたら、梅が咲いていました。
随分早いですね。やっぱり地球温暖化で、暖かいのでしょうね。


















能の魅力発信プロジェクト

 花月 の公演が間もなくです。1月15日 日曜日です。

今回の能は宝生流です。
シテは若手能楽師の期待の星、和久荘太郎師が務めます。




















この公演は、初めて能を鑑賞される方にも楽しんで頂けるように
企画されています。解説付きですから、安心してご覧いただけます。

未だお席に余裕がありますから、是非皆様お誘いの上ご来館下さい。
トラちゃんと共にお待ちしております。
ご予約は 045-761-3854 まで、
朝10時から午後5時まで、お受けしています。

2016年12月9日金曜日

久良岐能舞台の紅葉情報

トラちゃん通信

朝日を浴びる今日も元気なトラちゃん


















久良岐能舞台の紅葉情報です。



















今年の秋は短かったのでしょうか。
11月半ばから始まった紅葉が、一昨日の北風の強風でもう終わりそうです。
もみじの仲間はほとんど散ってしまいました。
残っているのは黄色く色づいている椎の木の仲間くらい。































どんどん色が抜けて白っぽくなっています。

毎日、庭園中に落葉がいっぱい。
きれいに掃き掃除する端から、そよっと吹いた風でまた ぱらぱら っと


紅葉の終わり、落葉との戦いです。

2016年11月28日月曜日

久良岐能舞台の庭園は紅葉まっさかり!

トラちゃん通信

久良岐能舞台の庭園は紅葉まっさかり

《紅葉を愛でる凛々しいトラちゃん》

















ここ数年、地球温暖化のせいか、紅葉が遅くなる傾向が見られましたが、
今年は11月としては56年ぶりの寒気などの影響でしょうか、
久良岐能舞台の庭園の紅葉が1週間くらい早まった感じがします。
















門前のもみじは1本が既に盛りを過ぎた感じ、もう1本はこれからが盛りの感じ。
でも門の屋根瓦につもる落葉を見ると、秋が進んだなぁ~と感じます。




























中の池に映えるオオモミジ(ピンクに写っていますが真っ赤です)

















散った落ち葉のじゅうたん。





















未だこれから紅葉する樹もあります。
12月10日ころまでは紅葉狩りが楽しめると思います。

皆様どうぞお友達、ご家族で久良岐能舞台の庭園にお越し下さい。
(市の公園ですから料金はいりません)
ついでに能舞台をひと目ご覧になってはいかがでしょう。
(舞台利用中でご覧いただけない場合もあります。その際はゴメンナサイ。)

2016年11月24日木曜日

54年ぶりの雪だそうで・・・

トラちゃん通信




















久良岐能舞台の庭園は紅葉真っ盛り!!

なのに今日は突然の雪!!! になりました。
11月に横浜で雪が降ったのは54年ぶりらしいです。
紅くなった紅葉に雪がついて・・・寒いです。
それでもトラちゃんは玄関前の定位置の籠の中で今日も元気です。

冬毛に代わりつつあるので、全体に太ったように見えますが、
フワフワ・モコモコです。


久良岐能舞台では、1月に能鑑賞の初心者向けの能楽公演を開催します。
楽しみやすい能と狂言を上演します。




















今回の上演曲は、
能 花月 (かげつ) と、狂言 昆布売 (こぶうり)です。

公演当日は最初に丁寧な解説がありますから、能鑑賞は
初めての方でも安心してご参加頂けます。

もっと詳しく花月のこと、能のことをお知りになりたい方のため、
12月18日に事前ワークショップを開催します。
こちらでは、花月のシテ(主人公)を勤める能楽師、和久荘太郎師
と、能楽の専門研究者である武蔵野大学文学部教授 三浦裕子先生
が講師となって、花月を学びます。

未だお席に余裕があります。
どうぞご参加ください。


久良岐の支配人からご案内でした。


2016年11月10日木曜日

第10回久良岐まつり

トラちゃん通信
 
暑い夏の次はうんと長い秋の長雨、その次は急に涼しくなった晩秋のような秋。
寒いのが嫌いなトラちゃんも自分の巣にこもっている時間が長くなったようです。
でも元気です・・・。

昼間の居場所<かご>の中で毛布にくるまってホッコリ


















さて、恒例の久良岐まつりが10月15日・16日・30日の3日間のプレ久良岐まつり、
10月22・23日が本番の久良岐まつりとして開催され、大勢のお客様で賑わいました。
10月22日 第10回久良岐まつり開会式の様子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
天気は曇り、暑くも寒くもない天気に恵まれました。
庭園の仮設舞台ではお祭に付き物の獅子舞を始め、色々な出し物が続き、
また、舞台に並んだ屋台ではおいしい食べ物が盛りだくさん。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
子供も大人も一番人気はつき立てのおもち。
何時間も長い行列ができて、餅つきの自治会メンバーは休むヒマなし。
 
 
一方、午後からの能舞台では、横浜童謡協会主催のコンサート。
第1部ではクラシックの歌手が歌う童謡に合わせて、森の子クラブの子供達のダンス・・・。
とっても可愛らしい、でも良く練習されたすてきな踊りでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
席から溢れて立ち見の方が大勢になるほど人気だったコンサート。盛大な拍手が続きました。
 
 
第2部では、引き続き横浜童謡協会の歌手たちによるコンサート。
こちらは子供はいません。童謡と日本歌曲のコンサートでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
能舞台でコンサート。
でも中々素敵な催しでした。
 
久良岐まつりは沢山の催しが行われています。
1回ではご報告ができないので、10月23日の催しや、プレ久良岐まつりの様子は、
次の更新でご報告したいと思います。
 
久良岐の支配人でした。